フロアコーティングの施工で得られるメリット点

フロアコーティングを住宅の床材などに施工する事で様々なメリットが得られます。そんなフロアコーティングの効果を正しく得るには、コーティングに対する知識を持って施工する事が重要です。フロアコーティングには、種類がありそれぞれ性能や効果が異なります。コーティングの主な材質としては、ウレタン、ガラス、シリコン、UVがあります。

どの材質も床材を保護する事が出来ますが耐久性や仕上がり具合にも違いが出てきます。2017年現在、最も多く施工されているのがUVコーティングです。初期費用が最も高いですが、一旦施工すると30年近く効果が継続します。その間、床面のメンテナンスが必要無くなる為、将来的なランニングコストを抑える事が出来ます。

ガラスコーティングは、UVコーティングよりもやや効果が短く20年前後となっています。コーティングの膜はガラス材のため非常に硬く傷や摩擦に強いメリットがあります。水をはじくため床に汚れが染み込まない効果もあります。シリコンコーティングは、耐久性は10年程度ですが、万能的な効果が期待出来ます。

薬品に強いためトイレやキッチンといった水周りでも使われています。ウレタンコーティングは、ウレタン材を床の表面にコーティングします。耐摩耗に優れている特徴があります。耐久性はシリコンと同等の10年前後となります。

フロアコーティングには、施工する材質により得られる効果に差が出るため、施工前に勉強しておくと良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です