フローリング補修をプロがすると仕上がりが違う

フローリングを傷つけてしまった場合は、そのまま利用し続けることもできますが、あまり傷が目立つようであれば一度補修をした方がよいです。フローリング補修はプロが行わなくてもできますが、素人がホームセンターなどで購入した道具を買ってきても、うまくいかないことが多いです。まずフローリングの色によって使うものが異なるからです。例えば、一般的にクレヨンタイプと呼ばれているものでも、フローリングの色に合わせたクレヨンが販売されていますが、全く同じ色を出すのはかなり難しいです。

フローリングの色も天然の色が含まれていますので、素人が人工的に作った色を利用して天然と同じような色を出すことはかなり経験が必要です。フローリング補修のプロは、かなり多くの経験をしていますので、おおよそその色を見た時に同じ色をつくることができます。線などが入った場合はクレヨンのようなもので塗ることで解決をすることができます。ですが、少し穴が開いてしまったような場合は素人ではまず難しくフローリング補修のプロにお願いをするしかありません。

穴が開いた場合には、色を塗るだけでなく、その穴を補修する作業が必要だからです。最近は、電気ゴテで素材をとかして、穴を埋めることもできますので、一通りの作業で終わらすことができますが、この時にもやはり色選びは素人にとって困難な部分です。プロでも技術の差が出てくるところは、木目のあるフローリングです。木目がはっきりしているところは、傷跡の部分も木目通りに仕上げなければならないため、正確で細かいタッチが必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です