浅草で行われる様々なイベント

東京の下町を観光したい場合、浅草のイベントをチェックして訪れるとよいです。

お祭りや花火大会等様々な行事があるため楽しむことができます。5月には三社祭が行われます。江戸三大祭りの1つとなり、初日はお囃子屋台や芸妓連の手古舞等が編成され行列を行います。

二日目は例大祭式典が斎行され、最終日には町内を3基のお神輿を担いで回るお祭りとなります。7月には隅田川花火大会が行われます。1733年から続いている伝統ある花火で、合計20000発の花火が打ち上げられます。スカイツリーからも花火を見ることができると考えて間違いありません。寒い季節にも行事は行われ、2月には節分を楽しむことができます。

東京都内で唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所である浅草寺のイベントとして節分会が行われ、幼稚園児や年男による豆まきが行われます。昭和26年からは、ゆかりのある文化芸能人による豆まきも行われていると考えて間違いありません。今戸神社でも節分祭が行われ豆まきが行われます。1063年に京都の石清水八幡を勧請し創建された神社ですが、境内には2対の招き猫が存在し、招き猫でも有名です。丸い形をした絵馬も存在しますが、赤い糸で結んであり円結びと縁結びをかけています。縁結びでも有名な神社で、縁結びの会も存在します。20歳から59歳の方が参加対象となり、参加費として6000円支払う必要があります。今戸神社は浅草のイベントに関心がある方だけではなく、婚活を行っている方からも注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *