浅草春のイベント「こんこん靴市」

こんこん靴市は、浅草で開催されている春のイベントです。

浅草玉姫稲荷神社の境内で実施されます。シューズメーカーが集合して、靴に感謝するという楽しいお祭りです。ほかにバッグやベルトなどの皮革製品が、市価の2割から最大8割引の価格で販売されます。一足分を買う金額で、二足分を購入することができるのでまとめ買いする人が大勢いる様子です。今履いているものとまったく同じものを探している人もいます。足にピッタリと合うものを探すのも難しいですから、お気に入りの靴があれば同じ型のものを購入しようとする人がいるようです。

東京都台東区は、皮革製品で日本一の産地と言われています。浅草玉姫稲荷神社では「くつ神輿」、古靴を焚き上げる「くつ供養」なども開催されます。くつ神輿というのは、大きな靴を象ったお神輿です。靴の形はメーカーによりさまざまで、大きなハイヒールやブーツなどが担ぎ出されます。たいへんユニークなイベントです。

また、くつ供養では、履きつぶしてボロボロになった古ぐつを浅草玉姫稲荷神社納めて供養します。長年足を守ってくれた古ぐつに感謝をこめて奉納する人が持ち込んでいます。古ぐつを納めた人は木札に名前を記し、足の病気やケガなどの災難に見舞われないように祈願することができます。神社ならではの手厚いサポートが付いています。捨てるだけでなく、こんこん靴市には修理するコーナーなども出ていますから、靴を大切にしようというイベントになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *