東京下町の浅草観光は駅に近いホテルが便利

東京は江戸と呼ばれていた場所、江戸時代には江戸城を中心に幕府が形成されていたわけです。

庶民が暮らしていたのは城下町であり、現代の東京下町です。東京の下町の一つでもある浅草は雷門や浅草寺などのスポットがある人気の観光地ですが、観光地には便利に使えるホテルも充実しています。比較的近場から訪れていつもホテルを使えば夜の浅草や周辺の散策にも便利ですし、駅からすぐの施設も多くあり、他の場所に移動する時など便利です。

隅田川は春になると満開の桜がきれいな桜スポット、浅草エリアの外れになりますがお花見にも最適です。ちなみに、屋形船に乗れば川の上からの桜見物ができますし、エリア内のホテルをリザーブしておけば船から降りた後はゆっくりお風呂に入ってくつろいだり、時間帯に応じて東京の新名所でもあるスカイツリーに出掛けることもできるわけです。人気スポットが点在している場所ですから時間的な余裕がある時は1泊しては如何でしょうか。

尚、終末は多くの観光客で賑わいますし、宿泊料金も繁忙期料金などからも高めではありますが、平日なら価格的料金もリーズナブルです。さらに、平日の利用客は週末と比べると少な目などからも希望の部屋を予約しやすくなります。例えば、景色が良い部屋にしたい、なるべく上の階に部屋を借りたいなどの希望も叶う可能性が高くなるなど、予約をする時にはどのような部屋が良いのかを伝えるのがお勧めです。尚、宿泊予約サイトを利用すればお得な宿泊プランの比較ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *