熱気あふれる!浅草のイベント

国内だけでなく、国外からも絶大な人気を誇る観光スポットに「東京・浅草」がありあます。

日本人なら一度は見聞きしたことのある「浅草寺」や「雷門」は、誰もがイメージできるほど浅草のアイコンになっています。ここまで浅草が盛り上がりを見せている理由として、歴史的な側面だけでなく、魅力的なイベントが多いことが挙げられます。年間を通して様々なイベントが行われており、その内容も日本的な文化を感じるものが多く、海外の旅行者からの注目度も高いものになっているようです。

年間を通していろいろなイベントがありますが、最も「熱い」のは、5月から8月にかけての期間です。毎年5月に開催される「三社祭」は、国内はもちろん海外からの知名度も高く、勇ましい担ぎ手たちが、豪華絢爛な神輿を担ぐ姿は、とてもインパクトがあります。次いで行われる「サンバカーニバル」では、本場さながらのカーニバル衣装を身に着けた踊り子たちが、目の前で激しいダンスパフォーマンスを繰り広げます。

チーム単位で順位を競うため、観客にも緊張感が伝わってきます。8月に開催される「隅田川花火大会」では、TV中継されるほど有名な花火大会で、全国から見物客が集まるため、当日は異常な熱気に包まれます。一部の会場へは入場制限もかかるため、早めに来場したいところです。このように、浅草では初夏か晩夏にかけてヒートアップするイベントが目白押しであり、この期間に訪れると独自に熱気があり、大変魅力的な機関だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *