浅草の日本伝統のイベント

浅草は、開催中に150万人が押し寄せる「三社祭」や夏の風物詩となっている「隅田川花火大会」などのイベントが人気ですが、鳥越神社の「とんど焼き」や隅田公園で開催される「浅草流鏑馬」などのイベントも人気です。

近隣では、5月に執り行われる小野照崎神社の「小野照崎神社例大祭」や鷲神社の「酉の市」などのイベントが執り行われています。浅草流鏑馬は、江戸時代に正月行事として行われていた流鏑馬を復活させたイベントであり、鎌倉時代の狩装束を身にまとった武士が疾走する馬上から壱の的~参の的で弓矢で射抜く伝統文化です。草鹿は、烏帽子と直垂姿の射手が鹿の形をした的をめがけて弓を射る日本伝統の文化であり、草鹿は無料で観覧出来るイベントでもあります。

鳥越神社は、日本武尊の伝説が残る事から白鳥明神と呼ばれた神社であり、台輪幅4尺3寸の御本社宮神輿が元祖千貫神輿とされています。また、夜祭りでは台輪幅4尺3寸の御本社宮神輿に提灯の灯りがゆっくりと揺れながら近づいてくる事からお化け神輿とも呼ばれています。

とんど焼きは、正月の門松を片付ける松の内の終了と共に正月飾りを焼く事で元日にお迎えした歳神様をお送り出す日本の伝統的な行事であり、とんど焼きのお焚き上げの火や煙にあたる事で一年間が無病息災で過ごせると信じられている民間信仰です。鷲神社は、天照大神の天の岩戸伝説で弦楽器を奏でた天日鷲神が祀られている事から「おとり様」と呼ばれる神社であり、年末の風物詩として11月に2回~3回酉の市が開催されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *