日本が観光大国になれるかは中国人観光客次第

日本は他国に比べると、圧倒的に観光客誘致合戦で出遅れていると言われています。

小さな国にも負けているので、この部分を何とか成長させなくてはいけないわけです。そのためのキーとなるのが、中国人観光客です。中国は人口が10億を突破して、さらに増えようとしています。他の国が十個以上集まっているのと変わらない規模ですから、ここにターゲットを絞らない手はないのです。中国人観光客をたくさん呼びこむことができれば、観光立国として繁栄をしていくこともできるでしょう。

外貨獲得の手段は他になくなってきているのが現状ですから、何とか中国人観光客を呼び込める工夫が必要なのです。昔は日本の電化製品を買いに、わざわざ中国からやってくる人も多かったですが、グローバル化が進んで、どの国でも変わらないレベルの商品が購入可能になっています。何かしら日本独特の観光地をアピールしないと、今後の観光客数の伸びは期待できないでしょう。

幸い、日本には数多くの寺社仏閣があります。歴史という点においては魅力的な国ですから、そういった和の趣きをアピールしていくのが効果的です。オリンピックやワールドカップ、万博の招致活動にも力を入れていかなくてはなりません。安全面でアピールすることも大切ですし、中国語を話せるガイドをたくさん用意することも役立つはずです。とにかく、さまざまな方面から中国人観光客に対するアピールが必要不可欠となってくる時代に突入しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *