外国人観光客に対するビジネス

外国人観光客に対するビジネスが活況になっていますが、一番多いのは中国人です。

さすがに経済成長が著しい国ですから、とにかく海外に出て、買い物をしているのです。

要するに高度経済成長、バブルのときの日本人のような感じになっています。つまりは、あまり評判自体はよくない、ということであり、金払いもそこまでよいわけではないので難しい問題ではあります。もちろん、中国人以外の外国人観光客もたくさんいますし、たくさん呼び込もうとしています。

観光立国も目指そうとしているのですが、日本はとにかく物価が高いです。しかし、最近は円も安くなっていますから、着やすくなっているのは確かであり、それこそ二割、三割くらいは少し前に比べて、多く買い物ができるような状態になっています。正直なところ、外国人が落とすお金というのは、日本経済全体としてみれば、そんなに大したことはないです。しかし、直接的に観光地にお金が落ちることになりますから、その地域が潤うのは間違いないです。ですから、外国人観光客を呼ぼうとする試みはよいですし、それが地域の活性化に繋がるのは確かなのです。

最近では外国語の案内掲示板なんかがどんどん増えています。これは都心では、ビジネスマンを意識しているのですが、観光地では当然ですが、外国人観光客のために設置しています。英語、中国語、韓国語あたりが一般的であり、スペイン語、ポルトガル語なんかも追加しているところが多くなっています。
浅草のホテルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *