浅草とスカイツリーをセットで楽しもう

浅草とスカイツリーの間はおよそ2キロほどで、意外に近い距離にあります。

観光で訪れた場合移動は地下鉄を利用することが多いと思いますが、江戸の下町風情を味わいながらスカイツリーの撮影スポットを歩くのもお勧めです。徒歩で可能で写真を撮ったり観光しながらのゆっくりペースでも30分くらいで着くことができます。最初に浅草を訪れた場合は少し費用がかかりますがスカイツリーまで人力車で移動もできます。雷門前にはたくさんの人力車がいますので、もしスカイツリーまでの移動で使うのでしたら時間を予約しておきます。

ほとんどの方は話が上手なので退屈する間もなく快適な時間を過ごせますが、歴史に強い人が良いとか美味しいお店を紹介してくれる人などのリクエストも可能です。スカイツリーで展望台まで行きたい方は混雑を避けるためにも朝早い時間帯から行き、展望台を見学してから東京ソラマチでショッピングを楽しみます。スイーツやカフェ、飲食店やファッション、雑貨など300点以上の幅広い店舗構成なのであっという間に時間が過ぎるので要注意です。

浅草までは撮影スポットである源森橋と吾妻橋を通るルートがお勧めです。源森橋は遮るビル群が無いので屋形船や電車と一緒に撮影が可能で、吾妻橋は有名なモチーフのあるアサヒビールのビルと撮ることが出来ます。大通りから一本入れば下町の雰囲気を存分に味わえるので風情を楽しみながら歩くとあっという間に浅草に着きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *