ホテルのルームタイプにはどのような種類があるのか

ホテルに宿泊の予約をするとスタッフからは宿泊人数の他にルームタイプを尋ねられますが、ホテルにはどのようなルームタイプが用意されているのでしょうか。

ホテルのルームタイプにおいて最も基本となるのはシングルルーム、ダブルルーム、ツインルームの3種類の客室です。シングルルームは1人用のベッドが1台設置されていて1人で宿泊する形式になっている客室のことで、ダブルルームは2人が寝られる大きさのベッドが1台設置されていて1人または2人で宿泊する形式になっている客室、ツインルームは1人用のベッドが2台設置されていて2人で宿泊する形式になっている客室です。一般の宿泊客の大半はこの3種類の客室のうちのどれかに泊まります。

ルームタイプにはこれ以外にも種類があります。最もよく知られているのはスイートルームで、寝室と浴室だけでなく、居間も設置されている広々とした客室のことを指します。高級ホテルでは様々なスイートルームを用意して集客をはかっており、中にはマンションと変わらないような構造になっていることもあります。

また、リゾート施設が近くにあるホテルではファミリールームが設けられていることがあります。ファミリールームは1部屋に4人から5人程度が宿泊できるようにできている客室のことです。寝具の構成は宿泊施設ごとに異なり、ツインベッドを2台用意して4人が寝られるようにしている所や、シングルベッド2台と布団3組が用意されている所などがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *