雷門で有名な浅草寺観光はホテルの利用がおすすめ

浅草寺の象徴的な存在として有名浅草寺と言えば雷門というぐらい、入り口に立つ門は有名で、訪れる人はその赤い大提灯を目指してやってきます。

浅草のシンボルである雷門は絶好のフォトスポットでもあり、いつも大勢の旅行客で大変な賑わいです。門をくぐると浅草寺まで続く参道があり、その両側には多くの土産店が立ち並び訪れる人たちを迎えてくれます。日本らしい和のお土産を扱う店や、焼きたて熱々のせんべいの食べ歩きを楽しみにしている人も多いことでしょう。

実は正式な名称が存在浅草寺の雷門は正式には「風雷神門」といい、平公雅が天慶5年(942年)に堂塔伽藍を一新した際に、総門を駒形に建立したと伝えられています。風雷神門の名称は、風神と雷神を門の左右に奉安していることが由来です。総門が現在の場所に移ったのは鎌倉時代以降のことで、移築する際に風神・雷神像を安置したと言われています。

風神雷神は文字通り風水害を避け、伽藍を鎮護するために祀られています。同時に、風雨順時や五穀豊穣の祈りも込められているのです。浅草観光にうってつけのシティホテルが人気浅草には和の雰囲気を大切にした綺麗なホテルがあり、日本はもとより外国人観光客にも大変好評です。

晴れた日にはスカイツリーも見ることができ、浅草観光でホテル滞在というのも素敵な体験ができるでしょう。浅草寺のすぐ近くにあるホテルなら、昼間と夕暮れ時から夜にかけて変わっていく浅草の風景を楽しめます。特に夜に訪れるには立地が近い場所だと徒歩での散策が便利です。昼間とは趣の違う、大きな赤い提灯に灯りがともった雷門の優雅で美しい姿をみることができ、夜の提灯に照らされた門は写真撮影スポットとして大人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *